WorldWideEDEN
[利用規約&プライバシーポリシー]
[SiteMAP]
スポンサーリンク

音声CDを自作する

2017/09/03

音声CDを自作する方法を書きます。
ここではWindowsMediaPlayer(ウィンドウズメディアプレーヤー)を使います。

以前は44.1kHzのWaveファイルにしてからじゃないと音楽CDの作成はできませんでしたが、今はmp3を直接やってもWMPの方で勝手にやってくれるので大丈夫です。

CD-Rはデータ用とオーディオ用がありますが、違いについては別途お調べください。

CD-Rは一回だけの書き込みですがCD-RWは数回上書きできます。古いCDラジカセでは再生できないこともあります。

カーオーディオのような「スロットイン」タイプの再生機にCD-Rは入れないほうがいいかもしれません。
厚みのあるCD-Rの場合取り出せなくなるかも。

音声CDを自作する

WMPでCDから音声を取り込む

作業はWMPのライブラリモードで行いますので、プレイビューモードの場合は右上のところを押してライブラリモードにしてください。

WMPでCDから音声を取り込む

ちなみにライブラリモードからプレイビューモードにする場合は右下のところを押します。

【1】

WMPで音声CDを自作する

1-『書き込み』タブを選択します
2-メニューを表示します
3-『オーディオCD』を選択します
4-CDに焼きたいファイルを入れていきます。mp3でもOK
5-『その他の書き込みオプション』で設定します

【2】

WMPで音声CDを自作する

設定です。そのままで大丈夫かと。
昔は『音量調整』したら音が小さくなってしまったことがありますが、現在のバージョンでは未検証です。

『トラック間のギャップ~』はよくわかりませんが、うちの書き込みドライブでは対応していないというメッセージが表示されました。

【3】

WMPで音声CDを自作する

リストを右クリックで削除などできます。

準備終わったら『書き込みの開始』を押せば書き込みが開始されます。

『デジタルオーディオプレーヤー』で検索
オーディオブック

初投稿日:2007年12月31日

スポンサーリンク