倍速音声ファイルの作り方、倍速ファイル作成方法、倍速変換、PCの音声を録音保存

[利用規約]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
速聴サンプル動画

倍速ファイル作成

倍速ファイル作成とは、音声ファイルの速度を速くしたものを保存・作成することです。

加速した音声ファイルをつくることのメリットは、

        ・・といったところでしょうか。

基本的には【スピードリスニングProfessional】などの倍速ファイル作成機能のついたソフトを使うだけです。

デジタルオーディオプレーヤー』で聞く場合、ファイルサイズの小さいMP3ファイルに変換するのが一般的です。
スピードリスニングProfessional】はCDなどから直接、倍速化したMP3ファイルに変換できます。

無料ソフトの場合、ファイルサイズの大きいWaveファイルにしか出来ないものが多いので、「v零'sリトルエンコーダ」などのエンコーダーでMP3に変換してください。

逆に『早聞き・速聞きCD』を作成したい場合はWaveファイルである必要があります。

倍速加工したファイルは完全な元の状態には戻せないので、上書きしないように注意しましょう。
オリジナルからコピーしたものを使用した方が良いと思います。

再生専用の速聴ソフトでも、PCで再生中の音声を録音できるツールを使い、倍速再生中の音を録音すれば倍速音声ファイルを作成できます。
vMoo0 ボイス録音器』など

倍速ファイルを作ることが出来るソフト

倍速ファイルを作ることが出来るソフトです。

有料ソフト

スピードリスニングProfessional
CDから倍速ファイルを作成できたり、基本的な機能を備えてます。
プロフェッショナル版は音質の良い「DiracEngine」が使えます。【動画の倍速化】にも対応してます。DVDの倍速再生も出来ます。
サポートもあるし、2015年現在も開発が続いています。
チェンジギア CDから倍速ファイルを作成できます。
SpeedWave聖徳 Wave、MP3ファイルを作成できるようです。
スピードリスニングProfessional】だけはおすすめです。
無料ソフト
v SoundPlayerLilith 複数のファイルが処理できる、ノイズが入らない、CDから直接変換できる、WMAファイルなども作成できる、 といった特徴があります。耳に優しい音ができ、聴いてて疲れません。一回の処理で4倍速にできます。
BP minus 海外のツールです。全て英語ですが比較的簡単に使える部類のツールです。 2倍速です。速度(Tempo)と音程(Pitch)を個別に設定できる他、イコライザもあるし、区間リピート機能もついてます。
ファイル作成変換は、メニューの [File]→[Save As] です。設定で[mp3]でも保存できるようです。
[Options]→[Preferences]→[Save] で設定できます。
インストールの手順ですが、使用許諾を下までスクロールし、チェックを入れて先に進み、 最後に『 Typical(default)』でインストールすれば良いかと思います。
vEasyPitch 簡単で使いやすいです。音質も原音に近い音質で倍速化されます。
一つずつのファイルしか処理できませんが、 あらかじめ [Wavez] 使って複数のファイルを一つにまとめて30分程度のファイルにしておけば、一回の処理でかなりできます。
処理の進行状況が見えないので、あまり長時間のファイルを処理しようとするとフリーズしたかのようになりますが、ちゃんと処理を行ってくれているので大丈夫です。
高音部分がノイズ化することもありますが、ノイズ除去ツールは有料のものが多いので試してません。 [SoundEngine]を使い、あらかじめ「音量→オートマキシマイズ」で音量を-20dB(超ソフト)くらいにしておけばノイズ化を防げる場合があります。
EasyPitchPlus 上で紹介したEasyPitchの後継です。
速耳エンコーダー(フリー版) 速耳マスター2」のファイル倍速変換機能を無料ツールとして独立させたもの。作成できるファイルはWave、Ogg、WMA
xSpeedPlayer

これはPCソフトではなく、Android(アンドロイド)端末用のアプリケーションです。
無料です。再生もできますし、なんと倍速ファイルも作成できます。音質もかなり良いです。

使い方を簡単に説明しますと、一番上の『ファイル選択』で加速したいファイルを選び、倍速再生したい場合は『出力形式:再生』を押し、一番左のメーターのようなアイコンをタップして倍速値を選び、三角形の再生ボタンを押します。

倍速ファイルを作成したい場合は、ファイル選択ボタンの下にあるバーで倍速値を設定し、『出力形式:WAVかMP3』を選択、その下に出力先を選択できるボタンがあるので、隠れてる場合は上にスライドして設定し、『倍速変換』を押します。

ちなみにWAVは音質はいいけどファイルサイズが大きく、MP3は若干音質が劣化するけどサイズは小さいです。MP3の場合音質の設定もできます。

音が半切れになってしまう気がする無料ソフト
ここから下に紹介する無料ソフトは、速度を上げると音が半切れになってしまう物です。
こんな感じで→
しかし、1.5倍速程度だったら音質も良いです。
v聞々ハヤえもん2 初心者でも簡単に扱えると思います。
この半切れゾーンにありますが、最新版で聴いてみたところ音質も問題ない感じでした。
ファイル作成はメニューの『ファイル→保存』でWaveファイルを作成します。
BestPractice 使いやすいですし、音質はクリアですが1.5倍速以上は言葉が切れたようになってしまいます。
TWE YAMAHAのソフトです。±25%ずつ速度変更できます。 音質はクリアですが、3倍速ぐらいになると言葉がかぶってきます。 操作系はすべて英語なので敬遠したくなるかもしれませんが、ここに書いてある通りにやれば大丈夫です、 しかし、今後バージョンアップしたときはその限りではありません。


【オーディオブック】を検索
【オーディオブック】
検索

PCで再生中の音声の録音方法

スピードリスニングProfessional】などの倍速ファイル作成機能付きのツールを使えば簡単に倍速ファイルを作成できますが、
再生専用の速聴ソフトでも、パソコン上の音声を録音できるツールを使えば倍速音声ファイルを作成できます。
倍速再生中の音声を録音するというわけです。
vMoo0 ボイス録音器』など

PCで再生中の音声の録音方法


track word