NHKラジオニュースで速聴、倍速再生 - ニュースダウンロード

[利用規約&メール]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
オーディオブック オーディオブック

スポンサーリンク

NHKラジオニュースで速聴、倍速再生 - ニュースダウンロード

NHKラジオニュース』 で速聴をする方法です。

これのなにがイイかというと、

  • 『聴く材料』が日替わりで入手できる
  • 既に加速された音声もある
  • 音質が良い
  • 喋ってるのがプロのアナウンサー
  • ニュースなので内容的にも問題なし
  • 時事の勉強にもなる
など、良いことばっかりです。


ニュース音声のダウンロードは、基本的に 『iTune』を使い、ポッドキャストでダウンロードします。

そのやり方も [NHKのサイト] に書かれていますのでその通りやればいいです。

NHKラジオニュース - NHK (Japan Broadcasting Corporation)ポッドキャスト』
英語の音声もあります
English News - NHK WORLD RADIO JAPAN - NHK (Japan Broadcasting Corporation)

ダウンロード保存したら加速して聞いたり、倍速ファイルを作成して[デジタルオーディオプレーヤー]に転送して聴けば、毎日速聴訓練ができる上に、時事にも強くなるという訳です


 ポッドキャストでは今のところ『ふつう』の速さの音声しかダウンロード出来ません、
NHKラジオニュースには『ふつう』の速さの他にも『はやい』と『おそい』があります。
『はやい』は1.6倍速で加速されており、ファイルサイズも小さいため、こちらを落としたいという人もいると思います。

『はやい』のニュースをダウンロードしたい場合は、『GetASFStream』という無料ツールを使えばできます。

ダウンロードしたファイルは著作権に反しないように気をつけて取扱ってください。

GetASFStreamの使い方、NHKニュースファイルをダウンロード

GetASFStream』で『はやい』ニュースファイルをダウンロードする方法です。

GetASFStream

基本的にURLをコピペ入力して赤い丸のボタンを押すだけです。


GetASFStream

『追加』ボタンでURLを追加します。


次に、その『URL』をどうやって知るか、そしてどうやったら効率よくダウンロードできるか、です。

  • [1]-ソースを見る
  • [2]-GetASFStreamのWEB解析
  • [3]-List作成

[1]-ソースを見る

[1]-ソースを見てニュースファイルのアドレスを見つける方法です。

まず、『NHKラジオニュース』へ行きます。

InternetExplorerの場合は右クリックメニューで『ソースの表示』というのがあるので、それを選択します。

すると、『~.asx』とニュースファイルのアドレスが書いてあるので、目的のアドレスを『GetASFStream』のURL欄にコピペして『実行』を押すだけです。

[2]-GetASFStreamのWEB解析

[2]-GetASFStreamのWEB解析機能を使ってダウンロードすることが出来ます。

これはGetASFStreamのヘルプファイル等を参考に頑張ってください。

ちなみに、どれが何のファイルかというと、

夜10時のニュース midnight.asx
夜7時のニュース night.asx
午後3時のニュースafternoon.asx
正午のニュース noon.asx
朝7時のニュース morning.asx

また、どれが速い音声で、どれが遅い音声かというと、
↓日付のあとの数字で判断します。
http://~/20080406_2_2_2008~.noon.asx

はやい = 2
おそい = 3
ふつう = 1
[3]-List作成
上記のやり方では、 『NHKラジオニュースのサイト』にアクセスしなければアドレスを取得できませんでしたが、 『GetASFStream』のリスト機能を使えば、 URLの日付をテキストエディタで変えるだけでダウンロード出来ます。

まず上で紹介したいずれかの方法で一度ダウンロードしてみてください。

ダウンロードしているとき、その処理内容が「GetASFStream」に表示されていたと思います。
そのなかで[ mms://~~.wma ]という箇所があったとおもいますが、 それがニュース音声WMAファイルの直アドレスです。

2005年05月09日のニュース 速度=『はやい』
夜10時(22時)のニュース mms://~/~/20050509220003_2_1_midnight.wma
夜7時(19時)のニュース mms://~/~/20050509190003_2_1_night.wma
午後3時(15時)のニュース mms://~/~/20050509150003_2_1_afternoon.wma
正午(12時)のニュース mms://~/~/20050509120003_2_1_noon.wma
朝7時(07時)のニュース mms://~/~/20050509070003_2_1_morning.wma
つまり
[ mms://~/~/『年月日』『時』0003_『速さ』_1_『朝昼晩』.wma ]
といった感じで日付などをいじれば良いことがわかるでしょうか。
速さのところの数字はこんな感じです。→
はやい = 2
おそい = 3
ふつう = 1

GetASFStream』の『LIST編集』でURLを記述して保存します。
こんな感じで書くだけです。

mms://~/~/~_midnight.wma
mms://~/~/~_night.wma
mms://~/~/~_afternoon.wma
mms://~/~/~_noon.wma
mms://~/~/~_morning.wma

次に『LIST読込』でいま記述して保存したリストを読み込み、ダウンロードを実行します。
あとは状況に応じて日付変えたり、時間変えたりすればリストいじるだけでダウンロードできます。

アクセスする時間帯によって、日付が前日のものの場合があります。
例えば21時にダウンロードする場合、22時のニュースは当日分はまだ存在しないので、 前日の日付のものになります。
また、夜10時のニュースファイル名ですが、曜日により[22news.wma]だったり[midnight.wma]だったりします。

この方法でダウンロードする場合、『ファイルが存在しない場合の設定』を必ずしておいてください。

存在しない場合のキャンセル・スキップの設定をしておかないと、 ダウンロード試行し続け、サーバーに負荷がかかってしまいます。

[共通設定]→[初期値-DL詳細設定]で設定ウィンドウを開きます。

GetASFStream

[共通項目]タブの[接続するまで無限に~]のチェックを外します、
[繰り返し回数]を任意の数値に設定します。

設定した回数ダウンロードを試みて、ファイルが無かったらスキップして次のファイルに移ります。

ここでは4回程度でスキップする設定にしておきましたが、 [1]でも良いと思います。

GetASFStream

ファイルが存在しない場合、このように4回で中止されました。

【オーディオブック】を検索
【オーディオブック】
検索

ZS-E80

2014⁄11 詳細
1.5倍速聴CDプレーヤー
[Amazon][楽天][Yahoo]

スポンサーリンク