Lilith(リリス)で速聴をする方法

[利用規約&メール]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
オーディオブック オーディオブック

~お知らせ~
スピードリスニングをはじめとしたインターナル社のソフトは、現在手に入れることができません。
当サイトにおいても数か所で紹介してますが、記事の修正を行うついでにデザインその他をWordPressで構築する予定ですので、記事ページのファイル名が変更になります。トップページのアドレスは変わりませんので、ブックマークその他はトップページでお願いします。
スポンサーリンク

Lilith(リリス)で速聴をする方法、使い方

無料のパソコン音楽プレーヤーソフト『vLilith(リリス)』を使い、4倍速で速聴してみましょう。

  なお、、このソフトは『速聴もできるプレーヤー』であって、『速聴の為に作られたプレーヤー』ではないので、作者様に妙な質問などして困らせないようにお願いします。


『Lilith(リリス)』で速聴 - 概要

vLilith(リリス)』でできること

音質は、単語一つ一つが短く処理されます。速くしても言葉が重なったり、半切れにはなりません。 ↓で言うと【Aタイプです】

音質 これがオリジナルの音声とします。
これを元に倍速ファイルを作成すると・・・
音質 【Aタイプ】単語一つ一つが短く処理されます。速くしても言葉が重なったり、半切れにはなりません。『スピードリスニングPro』等
音質 【Bタイプ】音はクリアで非常に良いのですが、1.5倍速以上になるとだんだん音が半切れになり、 3倍速、4倍速になると聞き取れなくなってきます。

若干パイプの中を通したような感じの音になります。
Equalizerを効かせることができるので、高音・低音・音量の調節もできますが、煩わしいかも。



『Lilith(リリス)』のダウンロード・インストール

それでは、v『Lilith(リリス)』を【Vector】からダウンロードしてインストールしてみましょう。(これは無料ソフトです。)

『ダウンロード』と書かれた箇所をクリックしていけばいいので、特に迷うことはないと思います。広告と間違えないように気をつけてください。

次にダウンロード保存した『lilith0992.exe』をダブルクリックして展開・インストールを開始します。
インストール先を指定できます。
展開・インストールした場所に『Lilith 0.992 Stable』というフォルダが出来ると思います。
その中の『Lilith.exe』をダブルクリックして立ち上げます。

Lilith(リリス)をインストール 初回起動時に『見た目』を選択します。
あとで変えることができます。
Lilith(リリス)をインストール 『A!Poro』です。
右から3つめのアイコンで 再生リストを表示できます。
Lilith(リリス)をインストール 『AntiqueLilith』です。
右クリックメニューの『フェイスの変更』で変更できます。

『Lilith(リリス)』で速聴  ~4倍速再生編~

それでは、『vLilith(リリス)』で4倍速再生してみましょう。

倍速再生はパソコンに負荷がかかるので、繰り返し聴く場合は倍速ファイルを作成したほうが良いです。
倍速ファイル作成・変換する場合はコチラ

『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~ 上の方を右クリックし、
再生コントロール(P)を選びます。
『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~ 速度変更にチェックし、
倍速値を調節します。

このままでは『Scale:200%』で
『2倍速』です。

『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~ このようにセットすると
4倍速にすることができます。
※音程、周波数はこのまま固定し、速度スライダを動かせば 1~4倍速の間で変更できます。
例えば3倍速にしたい場合、
[音程0.5][周波数200%][速度150%]
です。
50%元の速さ
100%2倍速
150%3倍速
200%4倍速
設定したら、右上の[x]ボタンを押して閉じます。
【保存版】
『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~
■  最新版LILITHの特殊アルゴリズムでの倍速再生  ■
現在公開されているvバージョン『0.992』のLILITHでは、上記のやり方の他に『特殊アルゴリズム』を使用した倍速再生も出来ます。
3倍速までは良いのですが、それ以上は音が半切れになるタイプのようです。
こんな感じで→音質
音程変更、周波数変更のチェックは外して下の設定を行います。
『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~ 1,速度変更にチェックを入れる
2,特殊アルゴリズムを選択
3,x2.0(2倍速)あたりを選択
4,スライダーで速度調節

この方法の場合、Scaleの値がそのまま倍速値になります。つまり、300%が3倍速で400%が4倍速です。
x10.0にしてスライダを一番右にするとScale2000%で20倍速になります。

ただ、3倍速以上の場合音が潰れるようなので、上記の方法で上で紹介した方法のほうが良いと思います。

■  イコライザで音質調節  ■
『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速再生編~ 最初の操作パネルで右クリックメニューからイコライザ(E)を選べばイコライザを効かせることが出来ます。
高音・低音などの調節ができます。
[音量調節・イコライザ]

【オーディオブック】を検索
【オーディオブック】
検索

ZS-E80

2014⁄11 詳細
1.5倍速聴CDプレーヤー
[Amazon][楽天][Yahoo]


『Lilith(リリス)』で速聴  ~倍速ファイル作成・変換編~

それでは、『vLilith(リリス)』で倍速ファイル作成・変換してみましょう。

Waveファイルに変換されます。
MP3にしたい場合は、出来上がった倍速Waveファイルを 別のエンコーダーでMP3へ変換してください。

『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【1】
上の方を右クリック
[ファイルの変換(C)]
『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【2】
まず加工するファイルをリストに追加しましょう。

音声ファイルを追加したい場合は
[追加]ボタンでリストに追加していきます。

CD音声を加速したい場合は、
[CDを開く]ボタンでCDの音声をリストに追加していきます。

次に[参照]ボタンでファイル出力先を指定
右下の[設定]ボタンを押し、速度設定などしていきます。
『イコライザ有効』にチェックを入れることで後述する音量・音質の設定を適用することが出来ます。
『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【3】
下の方にある [DSP設定]ボタンを押します
『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【4】

上で紹介した再生編と同じですが、

速度変更 有効にチェックを入れ、
倍速値を調節します、
このままでは200%が2倍速ですが、

『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【5】
このようにセットすると
4倍速にすることができます。
※音程、周波数はこのまま固定し、速度スライダを動かせば 1~4倍速の間で変更できます。
例えば3倍速にしたい場合、
[音程0.5][周波数200%][速度150%]
です。
50%元の速さ
100%2倍速
150%3倍速
200%4倍速
設定したら、右上の[x]ボタンを押して閉じます。
【保存版】
『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~
『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【6】
作成するファイル形式を選びます。

通常は『WaveFile』を選択しOKを押します。

『MPEG Audio Layer-III GainEditor』は MP3に変換するものではなく MP3ファイルのゲイン(音量)の変更をするものです。
残念ながらLilithはMP3変換出来ません。

一旦、倍速Waveファイルを作り、 別のエンコーダーでMP3へ変換 してください。

『Windows Media Audio』は『WMA』ファイルです。 このファイル形式は、多くの[ポータブルメディアプレーヤー] で再生できます。
『Windows Media Audio』をダブルクリックすることで音質を設定することが出来ます。

『Lilith(リリス)』で速聴~倍速ファイル作成・変換編~ 【7】
開始を押すと処理が始まります。

ファイルは[参照]ボタンで設定した場所に作成されます。 図の場合Cドライブのspeedフォルダ。

※下で説明するイコライザを適用する場合、ここで『イコライザ有効』にチェックを入れます。

■  最新版LILITHの特殊アルゴリズムでの倍速変換  ■
再生編にも書きましたが、変換でも特殊アルゴリズム方式で倍速化出来ます。
変換にかかる時間はコチラの方法のほうが圧倒的に短いです。
しかし、やはり3倍速以上は音が潰れます。
こんな感じで→音質
音程変更、周波数変更のチェックは外して下の設定を行います。
『Lilith(リリス)』で速聴~4倍速変換編~ 1,速度変更にチェックを入れる
2,特殊アルゴリズムを選択
3,x2.0(2倍速)あたりを選択
4,スライダーで速度調節

この方法の場合、Scaleの値がそのまま倍速値になります。つまり、300%が3倍速で400%が4倍速です。
x10.0にしてスライダを一番右にするとScale2000%で20倍速になります。

ただ、3倍速以上の場合音が潰れるようなので、上記の方法で上で紹介した方法のほうが良いと思います。

■  イコライザで音質調節  ■
作成した倍速音声ファイルの音量が小さすぎる場合、 [Sound Engineのオートマキシマイズ]で大きくできます。
また、Lilithでも『イコライザ』を設定することで音量を大きくした加速ファイルを作成できますし、 他にも低音を強調したりも出来ます。
やり方は[音量調節・イコライザ]を御覧ください。
あとは作成されたWaveファイルをMP3に変換したり、CDに焼いたりして速聴が出来ます。
MP3ファイルへの変換は、『vえこでこツール』が簡単です。

倍速WaveファイルをCDに焼いて『速聴CD』にすることもできます。
関連:CD作成方法

Lilithは[WMA]に変換できるので、対応したポータブルメディアプレーヤーに転送して聴くことも出来ます。

【デジタルオーディオプレーヤー】を検索
【デジタルオーディオプレーヤー】
検索


『Lilith(リリス)』で速聴  ~音量調節・イコライザ編~

『Lilith(リリス)』で速聴~音量調節・イコライザ編~ 【1】
右クリックメニューからイコライザ(E)を選べばイコライザを効かせることが出来ます。
高音・低音などの調節ができます。
~注意~
音量を大きくしすぎると耳を痛めます。くれぐれも注意してください。
自己責任でお願いします。

このやり方だと、例えば『+10dB』に設定して複数のファイルを処理する場合、すべてのファイルが『+10dB』になります。

つまり、もとの音量が小さいものは適切な音量になりますが、
もとの音量が大きいファイルはさらに音量が大きくなってしまいます。
そのへん気をつけてください。

音量を均一にしたければ、 [Sound Engineのオートマキシマイズ]を使った方がいいです。

処理が終わったら最後に『FLAT』にもどすか、『ON』のチェックをはずしておきましょう。

『Lilith(リリス)』で速聴~音量調節・イコライザ編~ 【2】
右下の『Level』というのが『音量』です。当然数値が高いほど音が大きくなります。 キーボードの『↑』『↓』ボタンで微調節できます。
くれぐれも大きくしすぎないように注意してください。耳を痛めます。

『ON』にチェックを入れるとその設定が適用されます。

『LEVEL+10』とあるところには適当な名前を入力して『保存』を押すことで設定を保存することができます。
入力した名前がプルダウンメニューに追加されます。

他のスライダは低音域や高音域を個別に強弱設定するものです。
低音は耳にあまりよろしくないので、あまり強くしないほうがいいと思います。
よくわからない場合はこのままでも構わないかと。

『Lilith(リリス)』で速聴~音量調節・イコライザ編~ 【3】
[上の変換編【7】の段階] でこのように『イコライザを有効』にチェックを入れ、変換開始ボタンを押せば設定した音量で倍速ファイルが作成されます。
『Lilith(リリス)』で速聴~音量調節・イコライザ編~ 【4】
ファイル変換し終えたら最後にもういちどイコライザ設定ウィンドウをひらき、設定を元に戻しておきましょう。

・『FLAT』に戻す
・『ON』のチェックをはずす
・『Level』が+0.0dBであることを確認する。

これをやっておかないと、次に起動したときもこの設定が適用されてしまいます。

【オーディオブック】を検索
【オーディオブック】
検索

ZS-E80

2014⁄11 詳細
1.5倍速聴CDプレーヤー
[Amazon][楽天][Yahoo]


スポンサーリンク