MediaCoderの使い方、メディアコーダー使用法

[利用規約&メール]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
オーディオブック オーディオブック

~お知らせ~
スピードリスニングをはじめとしたインターナル社のソフトは、現在手に入れることができません。
当サイトにおいても数か所で紹介してますが、記事の修正を行うついでにデザインその他をWordPressで構築する予定ですので、記事ページのファイル名が変更になります。トップページのアドレスは変わりませんので、ブックマークその他はトップページでお願いします。
スポンサーリンク

MediaCoder(メディアコーダー)を使った音声ファイル変換

このページでは、 「MediaCoder(メディアコーダー)」の使用方法を解説します。

使用法といっても音声についてだけです。動画の変換についてはここでは書いてません。

私は動画の変換には『Any Video Converter』を使っています。
使いやすいし、失敗することもほとんど無いです。
動画に妙な横筋が入る場合、『インターレース解除』にチェック入れるといいです。

さて、「MediaCoder」は動画変換や音声変換、動画ファイルからの音声抽出ができます。

「MediaCoder」は多機能ですが、通常の音声変換には、
vえこでこツール』、 『vぷっちでここ』を使った方が簡単です。

MediaCoder(メディアコーダー) で音声変換

MediaCoder (メディアコーダー)の「オフィシャルサイト」からダウンロードしてインストールしてください。

[1]DOWNLOAD
[2]MediaCoder Full Edition (current developing version)
(previous version) は前バージョンです。Audio Edition では動画は扱えないようです。
[3]32-bit Get Installer
お使いのパソコンが64-bitなら64-bitを選択
[4]Ishikawa,Japan をクリック
これは別にどれでもいいです。
[5]ダウンロード 開始
開始されない場合は「this link」をクリック

ダウンロードしたMediaCoderをダブルクリックすればインストール出来ます。
最初に利用規約が表示されるので「I agree」を押し、
インストール先を選択したりしてインストールしてください。

最初の設定
MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

インストールが終わり、最初に立ち上げるとブラウザでページを開くと思います。
図のように、チェックを入れて「Start」ボタンを押してください。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

最初に日本語化します。
パッチとか使わなくても日本語化出来ます。

「Options」→「User Interface Language」→「Japanese」とやると、
「設定は次に立ち上げると有効になる」というメッセージが表示されるので、
「OK」ボタンを押し、一旦 MediaCoder を終了し、再度起動してください。日本語化されます。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

日本語化された MediaCoder です。
←クリックすると大きい画像を表示します。
上のボタン部分は日本語化されません。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

動画ファイルから音声を抽出する場合
図のように「ビデオ」タブの「ビデオを有効にする」のチェックを外してください。

音声ファイル同士、または動画ファイル同士を変換する場合には関係ありませんが、 動画から音声を抽出する場合、ここにチェックが入ってると、音声抽出されずに動画に変換されます。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

次に右上の方にある、「出力フォルダ」を設定してください。
「...」とあるボタンを押せば任意のフォルダを選択できます。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

一番左の「Add」ボタンを押し、「ファイルを追加」などで変換するファイルをリストに追加していきます。

他の主なボタンです
Remove選択したものをリストから消します
Clearアイテムをすべてリストから消します
Pause処理を中断
Start処理開始、処理中はStopボタンになり、停止できます。
■ 変換したいファイルを用意 ■

「Add」→「ファイルを追加」で変換元ファイルを追加します。
フォルダ単位での追加も出来るようです。

動画から音声を抽出したい場合は、動画ファイルを追加します。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

上段右にファイルのデータが表示されます。
「プロパティ」ボタンを押すことで、さらに詳細が表示されます。

■ MP3に変換 ■

「Add」→「ファイルを追加」で変換するファイルを追加します。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

中段の右側にあるブロックで、変換するファイル形式を選びます。
MP3にする場合、「LAME」というのを選びます。
他のコーデックでMP3にする場合や、他の形式のファイルにしたい場合は、右上の左右ボタンで色々選べます。

Preset 事前に設定されたものの中から選択することが出来ます。[Custom]にすると以下の設定が出来るようになります。
チャンネル ステレオ・モノラルなど。通常は[Auto]か[Join Stereo]で良いんじゃないでしょうか。
ビットレート 音の品質です。VBRの時だけ10段階になります。数値が大きい方が音質は良いですが、ファイルサイズも大きくなります。 192Kbps以上が良いかと。
レートモード VBR 可変ビットレート(Variable BitRate)
データ量が必要なところでは多くといった具合に、情報量に合わせて必要なビットレートを上下させる方式。未対応のプレーヤーもある。音質を数値によるビットレートでなく、10段階の音質で設定。
ABR 平均ビットレート(Average BitRate)
設定したビットレートを平均としてビットレートが上下する。VBRと同じようなものだけど、こちらはビットレートを数値で設定できる。
CBR 固定ビットレート(Constant BitRate)
ファイル全体を通じてビットレートが一定。 例えば192Kbpsに設定した場合、320Kbpsは欲しいシーンでも192Kbpsで固定される。
普通はABRで[192Kbps]以上って感じじゃないでしょうか。
MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

よくわからないという人は、「Preset」の
CD (ABR⁄192Kbps) を選べばいいかと。

もうちょっと音質を良くしたかったら、その下の
Studio (ABR⁄256Kbps) で。

やっぱり自分で細かい設定したいという場合は「Custom」にします。

ちなみに一番下の「Insane」は [エキサイト]で訳してみたら「狂気」だそうです。
「こんな設定にする奴、普通いねーぜ」って意味なのでしょうか。

中段の左ブロックです。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方
リサンプル サンプリングレートを変更したい場合はここで設定できます。
DVDから抜き出した音声は普通「48000Hz」です。 CD作成のためWaveファイルにする場合、「44100Hz」にしないといけませんが、 MP3にする場合はそのままで良いと思います。
チャンネル [Stereo][5.1チャンネル]など設定できます。MP3の場合は[Stereo(ステレオ)]で良いかと。
試しにDVDから抜き出した[6.1チャンネル]のAC3ファイルを[Original]でMP3にしてみたところ、 超スロー音声になってしまいました。
ゲイン 音量を上げたり下げたりします。上げすぎると耳を傷めるので気をつけてください。
ノーマライズ チェックを入れると音量を均一にしてくれるそうです。

ゲイン、ノーマライズについてはちょっとよくわかりません。
いろいろ試してみましたが、設定が間違ってるのか、特に変化したように見えません。

音量を調節出来るツールは他にもあります。
MP3Gain」、 「vRip!AudiCO」 【vVectorで「音量」を検索

私は、ファイルの音量を操作したい場合は、 『Sound Engine』というツールの『オートマキシマイズ』 という機能を使ってます。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

準備が出来たら「Start」ボタンを押します。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

処理が開始されます。

処理できない場合は「Error」メッセージが表示されます。
「Last Error Code : 011」というのがよくでます。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

「Pause」で一時停止。
「Stop」で処理を中止します。

■ Waveファイルにしたい場合 ■
MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

Waveファイルにしたい場合は、
「PCM」を選びます。
右上の左右ボタンの右ボタンを何度か押せば出てきます。

出力は「波形ファイル」で良いかと。

ちなみに「Raw PCM」とは、
波形のPCMデータのみで構成され、 サンプリング周波数、ビット数、チャンネル数などのヘッダー情報を含まない形式。
だそうです。

MediaCoder(メディアコーダー)の使い方

WaveファイルはCDに焼いて音声CDを作成することが出来ます。

しかし、DVDから抜き出した音声のサンプリングレートは「48000Hz」で、そのままではCDに出来ません。

「リサンプル」でサンプリングレートを
「44100Hz」にしてください。

■ バージョンアップした場合 ■

MediaCoderを立ち上げると自動でバージョンチェックをするらしいです。
新しいバージョンがあると、ブラウザを立ち上げ、アップデートを促されます。
今のバージョンでは、以下のように辿ればアップデートデータをダウンロードすることが出来ました。 参考にしてみてください。

「Update」

「Choose a Download Mirror」

「Ishikawa,Japan」


【デジタルオーディオプレーヤー】を検索
【デジタルオーディオプレーヤー】
検索

スポンサーリンク