パソコンで外部入力音声を録音保存

[利用規約&メール]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
オーディオブック オーディオブック

スポンサーリンク

パソコンで音声の録音

vMoo0 ボイス録音器』や、『仮面舞踏会♪Baile de disfracas』などを使い、パソコンで録音してみましょう。

コードで繋いだり、また、パソコン上で流れている音声を録音したり出来ます。

現在の私のPC環境では、両方のソフトでマイク入力での録音には成功しました。
しかし、パソコン上で流れている音の録音は、『vMoo0 ボイス録音器』では出来ましたが、『仮面舞踏会♪Baile de disfracas』では出来ませんでした。
2015年03月10日現在の環境:Windows7 64bit Program Files (x86)フォルダにインストール
お使いのPCの環境によっては録音できないかもしれません。

パソコンに録音したいものを接続

外部の音声を取り込みたい場合、まず機器とパソコンを接続します。

PC上に流れている音声を録音保存したい場合は読み飛ばしてください。

ステレオケーブル

ケーブルはこのように線が2本のほうがステレオです。

パソコンの『マイク』のところに一方をさし、もう一方を再生機器の『イヤホン』のところに刺してとりあえず再生してみましょう。

音声ミキサー タスクバーの音量アイコン→右クリック→音声ミキサー
でマイクの状態が確認できます。
音声ミキサー 音が入力されてればメーターがピコピコ動きますが、動いてない場合、音が小さいことが考えられます。
まず、再生機器の音量を上げてみてください、で、次にマイクの音量スライダを上にあげてみてください。

その再生入力中の音を聴いて確認したい場合は、
まず、上記の音声ミキサーで音量を小さくします。
予想以上に音量が大きい場合があるので気をつけてください。
次にコントロール パネル→ハードウェアとサウンド→サウンド

ハードウェアとサウンド

『録音』タブのメーターがピコピコしてるマイクを選択し、プロパティを押す。


ハードウェアとサウンド

『聴く』タブの『このデバイスを聴く』にチェックを入れ、適用かOKを押すと
パソコンのスピーカーや接続中のヘッドホンから聞くことが出来ます。

録音してみよう
Moo0 ボイス録音器

vMoo0 ボイス録音器』を使えば簡単に録音できます。

『声のみ』を選択して録音ボタンを押すだけです。
適当なタイミングで停止してください。

『増幅』で音量を大きくして保存することも出来ます。
『mp3』を作成することも出来ますし、『Wave』にすることも出来ます。
mp3の音質などは左上の設定で出来ます。

パソコン上に流れている音声を録音保存する

Moo0 ボイス録音器
パソコン上で流れている音声を録音保存する

『全てのPC音』を選ぶとパソコンで流れている音声を録音できます。

これはマイク入力とか関係無しで、パソコン上で流れている音声を録音保存します。

マウスのクリック音なども録音されるので気をつけてください。

仮面舞踏会♪Baile de disfracas』の方はちょっと使いづらいかも。

仮面舞踏会♪Baile de disfracas

仮面舞踏会♪Baile de disfracas 起動したらまず
『設定』→『入出力ライン設定』
を開きます。

仮面舞踏会♪Baile de disfracas

まずプルダウンメニューでケーブルを接続した入力デバイスを選択します。 図では『CrystalSoundFusion』となってます。通常『マイク』という項目があると思います。

次に『録音ライン』のところですが、マイク端子に接続した場合は『マイク』
『USBオーディオインターフェイス』などでライン入力に接続した場合『ライン入力』
パソコン上の音声を録音したい場合は、一番下の『ステレオミキサー』にチェック入れます。

なお、これはWindowsXPでの話で、最近のパソコンでは『マイク』しか表示されず、マイク入力音声しか録音できない場合があります。

仮面舞踏会♪Baile de disfracas

『設定』→『基本設定』で保存場所などを指定できます

[1] 録音ボタン
[2] 音量です。赤いほうが録音音量です
[3] ファイル名です。入力できます
[4] 停止ボタンです

ファイル名が未入力の場合、録音するたびに『savefile』という名前でファイルが作成されます。
基本設定で『日時付加』にチェックしてあれば自動で日時が付加されるので、上書き防止できます。

【デジタルオーディオプレーヤー】を検索
【デジタルオーディオプレーヤー】
検索

Ankeyno(アンキーノ)の使い方

ついでに『アンキーノ』も使ってみましょう。

これはパソコンに流した音声を即時加速して返して来るソフトです。 『高速オウム返し』といえばわかりやすいかもしれません。

ラジカセ、マイクなど外部入力音声や、マイクヘッドホンにマイクが付いたヘッドセットなどで自分の声を即時倍速化して聴くことも出来るそうです。

暗記したいことがあるとき、学習などに利用してみてください。

アンキーノ』をダウンロードしてインストールしてください。
現在無料ソフトですが、もともと有料ソフトだったので、初回起動時にレジストキーを入力する必要があります。
レジストキーはアーカイブ内に同梱されています。『ライセンスキー.txt』というのがそうです。
Ankeyno(アンキーノ)
Ankeyno(アンキーノ) 左下の『録音設定』ボタンを押し、入力デバイスなど選択してください。マイクさしてるなら『マイク』です。

Ankeyno(アンキーノ)

次にアンキーノの設定です。 接続したラジカセなどを再生し、『感度』を上げてみてください。

Ankeyno(アンキーノ) このように、左の人物が赤くなれば正常に動作しています。
Ankeyno(アンキーノ)

きりの良いところでラジカセの一時停止ボタンを押すと、このように右の人物が青くなり、加速再生されます。

アンキーノの音量や速度、回数を設定してください。

設定の『間隔』は音声が途切れてから、加速再生がはじまるまでの時間です。
「0.3秒」くらいでいいと思います。

左の人物が赤くならない場合、音声が正常に取り込まれてないか、『感度』が低いです。 まず『感度』をあげてみて、それでもダメなら『接続ケーブル』や『録音デバイス』の確認をしてみてください。

【オーディオブック】を検索
【オーディオブック】
検索

ZS-E80

2014⁄11 詳細
1.5倍速聴CDプレーヤー
[Amazon][楽天][Yahoo]

スポンサーリンク