DVDから映像・音声を抽出、動画ファイル音声抽出

[利用規約]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]

avatar  はてなブックマークに追加 MyYahoo!ブックマークに追加 Googleブックマークに追加   Twitter Facebook Google+


DVDから映像・音声を抽出、動画ファイル音声抽出

DVDから映像・音声を抽出

DVDから映像・音声を抽出する方法です。無料ソフトを使います。

映像ファイルファイル形式『VOB』 映像、音声、字幕などがひとつになってるファイル。拡張子を『mpg』に変えるだけでmpeg動画として扱えるようになる場合がある。
音声ファイルファイル形式『AC3』 音声ファイル。抽出した後でWaveやMP3に変換する
法的な問題

2012年10月1日に著作権法が改正されまして、 DVDのコピープロテクトを解除してデータを抜き出す 行為『リッピング』ができなくなりました。

2013年1月現在罰則はありません。

よって、DVDからデータを抽出する場合は、

  • コピープロテクトのないDVDを使う。
  • コピープロテクトを解除しない設定にする。

といった感じで気をつけてください。
解除しない設定については私にわかる範囲で後述します。

なお、自分が所有権を持つDVD、
つまり、自分がお金出して購入し、所有しているDVDをリッピングするのもダメです。
コピープロテクトのない自作DVDなら大丈夫じゃないですかね。多分。
あくまでも、自己責任でお願いします。

なお、ここでいうコピープロテクトとは、
「マクロビジョン」というコピーコントロール
「CSS」というアクセスコントロール
です。他にもあったような気がしますが、詳しくは別途ご自身でお調べください。

速聴に利用する

抽出した音声や映像で速聴してみましょう。


動画や音声ファイルを倍速化して保存できるので、スマホなどに転送してどこでも速聴が出来ます。

DVDから抽出した「VOB」や「AC3」は 『Any Video Converter Free』や『vえこでこツール』でファイル変換しないと読み込めないかもしれません。
「VOB」は拡張子を「mpg」にすればいけるかも。

ちなみに【スピードリスニングProfessional】はDVDを倍速再生できるプレーヤーアプリが搭載されているそうなので、
わざわざDVDから映像・音声を抜き出して変換したりしなくても速聴ができるのでオススメです。
今後のバージョンアップでDVD倍速再生機能がどうなるかはわかりませんが。

基本的な予備知識

一般的にDVDの中には「VOB」というファイルがあり、
その「VOB」ファイルの中に映像、音声、字幕情報が入っています。
で、そのVOBファイルの中にある「AC3」というファイルが音声ファイルです。
ライブDVD等の場合、Waveファイルの場合もあります。

早速、取り掛かりたい人は↓こちら
DVDから映像・音声抽出~実践~

DVDから音声抽出

音声抽出の手順を簡単に説明しますと、

【1】まず「DVD Decrypter」を使い、DVDディスクから音声の[AC3]ファイルを抽出・コピーします。
【2】次にその[AC3]ファイルを 「vえこでこツール」または 「vぷっちでここ」、 「MediaCoder」などを使い、『wave』や『mp3』形式のファイルに変換します。

ここでは、これらのツールを使った音声抽出方法をご説明いたします。

DVDから映像抽出

DVDの動画を抜き出して利用したい場合、
まず、「DVD Decrypter」で『VOB』ファイルを抜き出します。
次に『Any Video Converter Free』などの変換ツールで『mp4』などに変換します。

しかし、この『VOB』ファイル、実際は『mpeg』ファイルであるため、変換を行わなくても拡張子を『mpg』あるいは『mpeg』にするだけで利用できる場合があります。

また、変換ツールで変換する場合でも、『VOB』ファイルでは未対応で読み込めなくても、拡張子を『mpg』にすれば読み込み、変換出来る場合があります。

動画ファイルから音声抽出

DVDからではなく、MPEG、AVI等の動画ファイルから音声を抜き出す場合も、
vえこでこツール」を使います。
DVD Decrypter、えこでこツール、ぷっちでここ の使い方はこのページ内に書いてあります。
「MediaCoder」の使い方は別ページに書いておきます。

関連:【MediaCoderの使い方

DVD音声抽出ツール・方法

もうちょっとツール・方法について書いておきます。
早速作業に入りたい人は読み飛ばしてください。 【DVDから映像・音声抽出~実践~

DVDから音声ファイルを抽出する方法は以下の3通りあります。

【Ⅰ】の方法がおすすめです。

一番右は使用ツールです。全部無料です。タダで使えます。 (07⁄12⁄17現在)

英語・フランス語など多言語収録されたDVDなら欲しい言語の音声ファイルを選んで抜き出せます。 リスニング学習にも使えますね。

方法【Ⅰ】 手順[1] DVDから「AC3ファイル」を抜き出す

DVD Decrypter
[日本語化パッチ]

手順[2] 「AC3ファイル」を「Waveファイル」等に変換する vえこでこツール  ⁄  ・vぷっちでここ
MediaCoder  ⁄  ・SUPER©
ac3dec   ⁄  ・AC3Tool
Video to Audio Converter
備考

「AC3ファイル」とはDVDに使用されている音声方式
ドルビーデジタル (Dolby Digital、AC-3:Audio Code number 3)

[長所◎] 抜き出すのは音声だけなのでファイルサイズが小さくてすむ
[短所×] ツールの多くが外国産。開発終了のものも多い。作業が2段階

日本語音声か英語音声を抽出するかはDVD Decrypterで選ぶことができます。
DVD Decrypter、えこでこツール、ぷっちでここ の使い方はこのページ内に。
[MediaCoder の使い方] [SUPER© の使い方]

方法【Ⅱ】 手順[1] DVDから「VOBファイル」を抜き出す

DVD Decrypter
[日本語化パッチ]

手順[2] 「VOBファイル」から「Waveファイル」を分離する vえこでこツール
DVD2AVI [日本語化パッチ]
SUPER©
vぷっちでここ
備考

「VOBファイル」とはDVDの映像、音声、字幕などが格納されているファイル。

[長所◎] AC3音声以外のファイルが必要なときのために
[短所×] VOBファイルのサイズが大きいので扱いにくい

日本語音声か英語音声かは手順[2]の段階で選択します
ぷっちでここ はプロテクトされたVOBファイルからは抽出できません。
DVD Decrypter の使い方はこのページ内に。   [DVD2AVI の使い方]

「VOB」ファイルは拡張子を「mpg」に変えればその辺の変換ソフトでも読み込めるかもしれません。 そして変換する際に出力形式を「Wave・mp3」にすればいけるかも。

方法【Ⅲ】 手順[1] DVDからAC3を抜き出すと同時に、
ついでにMP3やWaveに変換する

DVD MP3 Ripper
DVD Audio Ripper
XMedia Recode

備考

[長所◎] リッピング(抜き出し)と変換が一度に出来る。
[短所×] 要知識。未対応で出来ない場合あり。設定ミスるとリッピングからやり直し

XMedia Recode」を使ってみました。
日本語に対応してます。DVDのチャプター毎に抜くこともできますし、抜き出す言語を選ぶこともできるようです。 スキルに自信のある人は使ってみてもいいかと思います。
ひとつ覚えておいて欲しいのは、「リストに追加」ボタンを押さないとエンコードボタンが押せないということです。

【Ⅰ】の方法をおすすめします。
【Ⅱ】はサイズがでかいので扱いにくいです。
【Ⅲ】の方法だと一回で出来ますが、知識や経験が無いと良く分からないと思います。
面倒でも AC3、VOB、WAVE とか扱えるようになっておけば、他のツールでも理解が早いと思うので、 【Ⅰ】の方法でやってみれば良いんじゃないかと思います。

【DVD】を検索
【DVD】
検索
[Amazon]
[楽天]

なお、ブルーレイは別のソフト使わないとダメなので、あしからず。


DVDから映像・音声抽出~実践~

DVDから「AC3ファイル」かまたは「VOBファイル」を抜いてパソコンに保存します。

  • AC3ファイル・・・音声のみ
  • VOBファイル・・・映像・音声、その他
VOBファイルから音声AC3を分離することも出来ますが、音声だけが必要な場合、他に事情がない限り「AC3」を抜いた方が良いです。

DVD Decrypter』と、それを日本語化する[日本語化パッチ]をダウンロードしてインストールしてください。

DVD Decrypterは【Download Now】のところをクリックします。

DVDから映像・音声抽出~実践~

「DVD Decrypter」のインストールです。
[Next]ボタンを押して進めていきます。

←図はショートカットをデスクトップなどに作成するかどうかです。

この後インストール場所を設定したりと特に問題なく進めると思います。

DVDから映像・音声抽出~実践~

インストールを進めていくと↑図のようなダイアログがでるので、ここは『いいえ』を選択します。
ネットに接続してバージョンチェックするかどうかということなんですが、既に開発終了していますので。

次にDVD Decrypterを立ち上げる前に 『日本語化パッチ』 を使いDVD Decrypterを日本語化しましょう。
日本語化パッチの使い方は同梱されているマニュアルを参照してください。

~重要~

このページの最初にも書きましたが、
著作権法が改正され、コピーガードを解除するのはダメになりました。
そこで、『コピープロテクト解除しませんよ』という設定をしておきます。

この設定を行うとプロテクトが施されたDVDからは映像・音声抽出ができなくなります。
しかし、設定を行わないと法に違反することになります。

その辺を理解して自己責任で進んでください。

なお、ここでは『マクロビジョン』と『CSS』についての設定です。
他のプロテクトに関しては当方知識がありません。

DVDから映像・音声抽出~実践~

「ツール」→「各種設定」で設定ウィンドウを表示してください。

DVDから映像・音声抽出~実践~ 一般タブの『マクロビジョン保護を除去』 のチェックを外します。
チェックを外すことで、マクロビジョン保護を除去しない、つまり保護が有効の状態になります。
DVDから映像・音声抽出~実践~ 次にCSSタブの『CSSクラック方法』 のチェックを『なし』にします。
これでCSSを解除しない設定になります。

こうすることで、【私は『マクロビジョン』および『CSS』というコピープロテクトを解除しません】という、法に違反しない設定ができました。

しかし、この設定を行うことで、コピーガードを解除しなければ、映像・音声を抽出できないタイプのDVDでは、映像・音声を抽出できないことになります。

上記2つの設定をもとに戻し、コピーガードを除去する設定にすれば抽出できますが、
法的に問題ありということになります。

すべてご自分の責任と判断でよろしくお願いします。

DVDから映像・音声抽出~実践~

DVD映像・音声抽出の話を続けます。

もう一個やっておいた方がいい設定があります。

「ツール」→「各種設定」で
「IFOモード」タブの「ファイル分割」のところを
「Chapterごと」にしておいた方がいいです。

こうすると、文字通りチャプターごとにファイルが分割されて扱いやすいです。
サイズ毎でも分割できます。

DVDから映像・音声抽出~実践~
[1] 『モード』→『IFO』にします [2] ここにファイルが作成されます
[3] 『出力先』を指定できます [4] クリックするとDVDの中身が表示されます
[5] 抜きたいシーンのあるチャプターにチェックを入れて選択します。
というか既にチェックの入った状態だと思うので、不要なチャプターのチェックを外します。
右クリック→『選択しない』ですべての選択を外すことも出来ます。
まず一つだけチェックを入れてテストしてみましょう。
[6] 『AC3ファイル』を抜く場合これをクリックし、下で紹介する設定をします [7] これを押すと作業が開始されます。

[6]で特になにも設定しなかった場合、「出力先」に『VOBファイル』が作成されます。

音声だけが必要だという場合は、[6]で以下の設定を行い、
音声ファイルである『AC3ファイル』を抜いてみましょう。

DVDから映像・音声抽出~実践~
[1] 『ストリーム処理』タブをクリックします
[2] 『ストリーム処理有効』にチェックを入れます
[3] 抜きたい音声の言語にチェックを入れます
図の場合、日本語と英語のAC3ファイルが2つ作成されます。
[4] 対象音声をクリックし、選択反転させます
[5] 『Audio』と表示されるのを確認します。

※こうしないと音声だけのVOBファイルになってしまいます。

[6] 『分離』にチェックを入れます

[3]で複数言語の音声を選択した場合、
[4]と[6]を繰り返し、一つずつ『分離』にチェックを入れていきます。

設定できたら、上の[7]ボタンを押して処理を開始してください。

DVDから映像・音声抽出~実践~

処理を『中止』する場合は赤いやつを押します。

DVDから映像・音声抽出~実践~

日本語と英語の音声AC3ファイルが作成されました。

次にこの[AC3]ファイルを 「vえこでこツール」または 「vぷっちでここ」、 「MediaCoder」などを使い、『wave』や『mp3』形式のファイルに変換します。

ちなみに、『VOBファイル』はDVDの映像、音声、字幕などのデータが格納されたファイルです。
これは実は『Mpeg』動画だったりするので、拡張子を『vob』→『mpg』にすれば各種編集ツールで読み込めたりします。

また、【スピードリスニングProfessional】を使えば倍速動画を作成できます。

VOBファイルからでも「vえこでこツール」を使えば音声を分離できますが、VOBファイルはファイルサイズが大きいので、音声だけが必要な場合は『AC3ファイル』を抜き出したほうがいいです。


【デジタルオーディオプレーヤー】を検索


えこでこツール の使い方

vえこでこツール』の使い方です。

この「えこでこツール」は、上で抜いたAC3ファイルをWave、MP3形式のファイルに変換できるほか、
VOBファイルやmpg、avi等の動画ファイルから音声部分だけを吸い出し、音声ファイルとして保存することができます。

vえこでこツール』をダウンロードしてインストールしてください。

えこでこツール の使い方

【1】
一番下のところにドラッグアンドドロップで変換開始します。
この設定の場合『Wave』ファイルに変換します。

『AC3』ファイルを落とせば「AC3」→「Wave」と変換してくれます。

動画ファイルを落としてもWaveに変換してくれます。
「mpg」→「Wave」、 「VOB」→「Wave」といった感じで。

WaveはCD-Rに焼くことで、CDを自作できますが、 その場合、周波数(サンプリングレート)は「44,100Hz」にしないといけません。

DVDから抜き出したAC3ファイルの場合おそらく 「48,000Hz」になってると思います。

この「48,000Hz」から「44,100Hz」にするということは音質の低下を意味するようです。
『DVD音質』から『CD音質』へということです。

MP3にして聴く予定などで音質下げたくない場合は「48,000Hz」のままでも良いと思いますが、
あとでCDにしたくなったときに「44,100Hz」にしてください。
ライティングソフトによっては勝手にやってくれるものもあるようですが。

えこでこツール の使い方

【2】
プルダウンでMP3や動画からの抽出を選べます。

MP3にする場合、MP3は「Fraunhofer」と「Lame」とありますが、
「Lame」は別途用意しなければいけないものがあるため、
「Fraunhofer」を選択しておけばいいです。


サンプリングレートは「192kbps」でいいんじゃないかと。
数値が大きいほど音質が良いですが、ファイルサイズが大きくなります。

えこでこツール の使い方

【3】
『映像から音声のみ抽出』は文字通り「変換」ではなく「抽出」です。

例えば『mpg』動画ファイルに『mp2』という音声ファイルが使用されていた場合、その『mp2』を抽出します。

良くわからないファイルができると面倒なので、この「抽出」ではなく、
上のWaveかMP3に変換した方がいいと思います。

「ぷっちでここ」や「MediaCorder」でも変換処理できますが、
大抵はこの『vえこでこツール』で事足りると思います。


【デジタルオーディオプレーヤー】を検索


ぷっちでここ の使い方

vぷっちでここ』の使い方です。

この「ぷっちでここ」も AC3ファイルをWave、MP3形式のファイルに変換できるほか、
mpeg、mpg、wmv、avi等の動画ファイルから音声部分だけを吸い出し、音声ファイルとして保存することができます。

抽出できるメディアファイルは以下の通りです
cdi(音楽CD)、DVD(vob)、mpg、m2p、mpa、avi、mp3、mp2、ac3、mov、wma、wmv、asf

対応ファイルであっても何らかの理由で変換できない場合もあるようです。

音質についてですが、Wave、WMAにする場合は特に問題ありませんが、
MP3にする場合音質があまり良くないです。最高で『56kbps』です。
MP3ファイルにしたい場合は、一旦Waveにしてあとで「v零'sリトルエンコーダ」などでエンコードした方がいいです。

vぷっちでここ』をダウンロードしてインストールしてください。

インストールの際は『install.bat』をダブルクリックします。

ぷっちでここ の使い方

変換したいファイルのある場所へ辿っていきます。

ぷっちでここ の使い方

mpegやwmvは表示されると思いますが、AC3ファイルが表示されてない場合、
[1]のプルダウンで[2]「すべてのファイル」にしてみてください。

[3]次に表示された変換元ファイルを選択反転し、
[4]「ファイル名」のところに変換元のファイルを表示させます。

『開く』ボタンはまだ押してはダメです。これを押すと処理が始まってしまうので。

ぷっちでここ の使い方

次に右側でファイル形式や音質を設定します。

抜き出した音声でCDを作成しようという場合は、『wavに変換』でサンプリングレートを「44,100Hz」にします。

CDを作成する予定がなければ「[48,000Hz」でも良いです。
あとでまたCDにしたくなったら「44,100Hz」にしないといけません。

「ビット」についてはよく知りません。「16ビット」で良いんじゃないでしょうか。

ぷっちでここ の使い方

[wma]の音質設定です。
数値が高い方が音質がよいようです。

設定が終わったら 『開く』 ボタン を押せば処理が始まります。
変換元ファイルと同じ場所に音声ファイルが作成されます。


【デジタルオーディオプレーヤー】を検索


WEB サイト内
英語学習 ランキング

雑記ブログ最新投稿

投稿テスト2014年3月25日

zenback
track word