WindowsMediaPlayerでCD作成、CD取り込み、CD書き込み

[利用規約&メール]
[プライバシーポリシー]
[サイトマップ]
オーディオブック オーディオブック

スポンサーリンク

WMPでCDを取り込んだり、書き込んだり、自作する方法

WindowsMediaPlayer(ウィンドウズメディアプレーヤー)を使い、CDから音声を取り込んだり、
逆にCDに書き込んで[音楽CD]、[速聴CD]を自作する方法です。

CD-RとCDラジカセについて

作成したCDは基本的にその辺のCDラジカセなどで再生できますが、再生出来ない場合もあります。
それは、CD-Rの品質が悪いか、CDラジカセが古かったり、対応してない場合です。

CDラジカセは『CD-R対応』と表記されていれば間違いないと思いますが、
表記されていなくても再生できるものもあります。

CDから音声を取り込む

WindowsMediaPlayerでCDの音声をパソコンに保存します。
選択できるファイル形式は、[Wave][mp3][wma]です。

Wave形式が最も音質がよいですが、ファイルサイズも大きいです。
CDを自作する場合はWaveファイルにしないといけません。
なので、取り込みもWaveでやっておくといいと思います。
尚、WMPのバージョンにより若干操作が異なりますご了承ください。

WMP

『取り込み』のすぐ下にある、ちっこい▼をクリックし、『その他のオプション』で設定します。

図のようにファイル形式などはこのメニューからでも設定できますが、出力場所などを設定する必要があるので、『その他のオプション』を開いてください。

WMP
[1] ここに表示されている場所に保存されます。 [2] 保存場所を変更できます。「ファイル名」で作成するファイル名のルールを設定できます。
[3] ファイル形式を指定します。WMA、MP3、WAVが選択できます。
WAVが最も音質がよいです。後で色々加工したい場合や、CDを作成したい場合はWAVにした方がいいです。
MP3等の場合圧縮するので、高音域などが失われます。WAVは圧縮しないので音質がよいということです。
WMAのロスレスというのも「損失なし」とあるので多分音質良いと思われます。
「可変ビットレート」というのは、音質良くする必要がない部分は音質を落とすというものです。
[4] 音質が設定できる場合はこのつまみでします。 [5] 音質です。[Kbps]←この数値が大きい方が音質が良いです。音質を良くするほどファイルサイズが大きくなります。
設定が終わったら『OK』ボタンで設定を閉じます。
WMP

CDの曲目リストが表示されてると思うので、パソコンに保存・コピーしたい曲の番号にチェックを入れ、 『取り込みの開始』ボタンを押せば処理が始まります。

抜き出した音声は【倍速化ツール】で加速変換し、 CDに焼けば『はやききCD』が自作できます。

速聴フリーソフト、倍速再生ツール

【デジタルオーディオプレーヤー】を検索
【デジタルオーディオプレーヤー】
検索

WMPでCDへ音声を書き込む、CD作成、ライティング

ウィンドウズメディアプレーヤーでCDを作成してみましょう。

CDを作成する上でいくつか条件があります。

  • 音声データはWave形式のファイル。
  • サンプリングレートは「44100Hz」にする。「44.1kHz」も同じ意味です。
  • CD-RにはWave以外のデータを入れてはいけない。

ライティングソフトによっては自動で何とかしてくれる物もあるようですが、 一応自分でも用意してみてください。

サンプリングレートは普通「44100Hz」になってます。
ファイルを右クリック→プロパティで確認できます。
違う場合は、 「vWAVEいろいろ変換器」などのツールで「44100Hz」にしてください。

書き込むCD-Rはあまり安っぽいのは避けた方がいいです。

CD-Rに書き込みできるのは1回だけです。「ディスクアットワンス」方式での書き込みになるので、一枚のCD-Rに一曲だけ書き込んだ場合、そのCD-Rは一曲だけのCDとなります。
CD書き込み専用ソフトでは「トラックアットワンス」という追加して書き込むことができる方式もあります。

CD-RWは数回上書きできますが、古いCDラジカセでは再生できないこともあります。

カーオーディオのような「スロットイン」タイプの再生機にCD-Rは入れないほうがいいかもしれません。 厚みのあるCD-Rの場合取り出せなくなるかも。

wmp

『書き込み』の下にある、▼を押します

『オーディオCD』にチェックがあるのを確認し、
『その他のオプション』をクリックしてください。

wmp

『CD 上のトラック全体にボリューム調整を適用する』のチェックは外したほうがいいです。これを適用すると音が小さくなります。

『ファイルの一覧をディスクに~』のところはよくわかりませんが、ウチのは『WPL』になってたのでそのままにしてあります。

他はこんな感じでいいかと。『OK』を押して設定を終了します。

wmp

図のような場所に書き込むファイルをドラッグ&ドロップで追加していきます。

容量などは図には写ってませんが、この上のところに表示されます。

書き込みは1回だけです。追記出来ません。
一枚のCD-Rに一曲だけ書き込んだ場合、残量がいくらあってもそのCD-Rは一曲だけのCDとなります。

wmp

図のように小さい[×]が付いたファイルは、右クリックメニューで一旦リストから消去してもう一回ドラッグ&ドロップで追加してください。

リストの順番はリスト内のアイテムをドラッグ&ドロップすることで移動できます。 また、リストの右クリックメニューからでも移動できます。

リストを整えたら『書き込み開始』ボタンで書き込み開始します。

スポンサーリンク